FC2ブログ

還暦前に始めたパート

50代も終わりそうなとき、レジの仕事始めました。ミス、ミス、ミス、勘違い、思い込みの連続から抜け出しつつあるこの頃です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

閉店間際の美容院へ入った

私は仕事帰りで汗臭く、目は

どんより(?)

さっさとしてもらいたい一心だった。

「なるべく早くお願い」

「手抜きするとこは手抜きしてね」

「ハイ、わかりました」と美容師は答えていた。

それにしても取り掛かりは遅い。

今回は予約してないが、予約して行って待たされるとイラっとする。


早く!と行っているにもかかわらず、動作がゆっくりすぎ!

ていねいにやってくれてるんだから我慢ガマンと、

自分に言い聞かせ.....

誰でも(美容師自身も)早く帰って休みたいというのが当たり前と

思っているから、じっとされるままに....

彼女は自分の仕事に没頭すると言うより、酔いしれていた

としか思えない。

カットだけで、パーマと同じ時間が過ぎていった.....

私はもう「早く早く」と言えない金縛り状態だった。

お店には彼女と私だけ....

他のスタッフがいないのもあり、

自分のペースでじっくりしてみたかったに違いない。

そこに現れた私という獲物。


そういうとき、何も言えない自分が後から腹立たしい。

私には時間がない。

人間として、自分のペースでやりたいのは当然かも知れない。

美容師としては「このお客、明日も仕事だろうから長居させてはだめ」

とかの気遣いが欠けている。


でもやはり結論は私がしつこく言うべきだった。

意思表示の下手な日本人代表のようなもの。

何度も「急いで」と言うべきだった。


元々、私は美容院が大嫌いなのだから....

長くいたくない。

どいつもこいつも「2時間で終わりますよ」と言っておいて終わったことなどない。

その嘘の連続と、決して心地よくないシャンプーその他。

会話が楽しければともかく、つまらない話が大多数だし....

とにかく美容院が嫌い。

なら、行くな!という声が聞こえてきそう。

スポンサーサイト


  1. 2013/08/08(木) 09:16:19|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴーヤの実が大きくならない | ホーム | 骨董品が売れない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanrekimaekara.blog.fc2.com/tb.php/197-f13d6f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。