FC2ブログ

還暦前に始めたパート

50代も終わりそうなとき、レジの仕事始めました。ミス、ミス、ミス、勘違い、思い込みの連続から抜け出しつつあるこの頃です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペットも癌になる

猫を飼う人は、誰にも邪魔されない空間を

つくってやらなければいけないのだそうです。

猫は独りになりたい。

その時間がないとストレスで寿命が縮むのだと

言います。


あんな小さな体で癌になるなんて、痛々しいではありませんか....

飼い主に一生懸命恩返しをしている猫は、その分独りになる時間を

欲しがっているそうです。



老衰でいつか愛する猫が枯れ枝のようになったら.....

できれば動物病院へ連れて行くことはやめて、静かに独りに

させてやることだそうです。


動物病院の冷たい器具はますますストレスとなって、つらい時間と

なります。

おまけに診察に訪れた仲間の悲鳴も聞かねばなりません。


愛情故、飼い主は点滴だのしたがります。

何とかお水を飲ませようとします。


けれど、これから確実に息を引き取ろうとしている猫にとって

それは激しい苦しみしかもたらさないということです。


水も飲めないほど死期が近づいているときに、

水を押し込まれると激しい痙攣を起こし苦しんで

死んでしまうということです。


その死に顔は飼い主には見れたものではありません。


私たちは猫が病気をすれば、とりあえず人間の薬を

飲ませようとします。

真夜中に動物病院は診てくれません。


あせって、何倍もの薬を飲ませ苦しませるのも

人間が犯しやすい過ちです。


ほんの数粒、本当にピンセットでもつかめない程度の量が

適量だということを忘れがちです。


飼い主は自分の命より大事なペットを

正しい判断で楽に旅立たせてやらねばなりません。

ずっしりと重かった猫が、軽々とやせ細ってしまったら寿命です。


後は、見守るだけでいいのです。

間違っても無理にエサや水を与えてはいけません。


これを知らないと、自責の念で自分が苦しむことになります。

スポンサーサイト


  1. 2014/05/02(金) 20:29:25|
  2. 夫婦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<くるみがない! | ホーム | スキがないと結婚できない??>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanrekimaekara.blog.fc2.com/tb.php/268-5c5fe5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。